サウジやバーレーンの格付け引き下げ、原油安で-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは14日、サウジアラビアなど中東産油国の格付けを一部引き下げた。発表資料では、格下げの理由として原油相場の急落を挙げている。

  サウジの長期発行体格付けは「A1」と、従来の「Aa3」から引き下げとなった。原油安が同国信用プロファイルの「大幅な悪化」につながる恐れがあるとされた。バーレーンの格付けは「Ba2」(従来は「Ba1」)、オマーンの格付けは「Baa1」(同A3)にそれぞれ引き下げられた。

  アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国、カタール、クウェートのアウトルック(格付け見通し)は「ネガティブ(弱含み)」となった。

原題:Saudi Arabia, Bahrain Ratings Cut by Moody’s on Lower Oil Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE