野村、顧客トレードで44億円の損失「無能な」担当者の責任と主張

  • 顧客のトレーディング活動に対応せず、記録的な損失に-野村
  • 顧客担当のロンバルド氏は不当解雇で野村を提訴

野村ホールディングスのシニアマネジャーは英ロンドンの雇用裁判所に提出した文書で、顧客のパフォーマンス悪化を上司に報告できず、同行が記録的なトレーディング損失を計上する一因を作ったとされるトレーダーについて「良く言って無能、悪く言えばペテン」だとこき下ろした。

  このトレーダー、ジョバンニ・ロンバルド氏は不当に解雇されたとして野村を訴えている。これに対し野村は13日、裁判所に文書を提出。株式セールス責任者のマイク・ウォード氏はこの中で、ロンバルド氏は顧客として抱えていたインベクスター・キャピタル・マネジメントの破綻に際し損失を回避する手だてを「なにもとらなかった」と指摘した。

  ウォード氏は、ロンバルド氏が恐らく来週証拠を提出し、顧客のトレードを監視するのは自分の責任ではないと主張するだろうと記述。その上で、「ロンバルド氏がインベクスターのトレーディング活動から重大な懸念を知らせるべきだったのにそれを怠った」と糾弾、「顧客のトレードを監視する義務はなかったという考えはまったく受け入れられない。ロンバルド氏の役職ではそれこそが日常業務の中核的な部分だ」と主張している。

  インベクスターは取引開始から1年程度しかたっていない2015年に破綻、世界的な大手銀行の数行に対して合計約1億2000万ポンド(約190億円)の損失を負わせた。野村は4000万ドル(約44億円)以上の損失を被り、ウォード氏によると単一の顧客で生じた損失としては創業以来最大となった。ロンバルド氏は野村から31万ポンド(約4800万円)の年俸を得ていた。

原題:Nomura Blames Biggest-Ever Loss on ‘Incompetent’ Bond Trader (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE