中国検察、前国家主席側近の令計画氏を起訴-収賄などの罪で

中国天津市の人民検察院は胡錦濤前国家主席の側近だった令計画氏を収賄と国家機密違法取得、職権乱用の罪で起訴した。かつて人民政治協商会議(政協)副主席も務めた令氏に対する裁判が開かれることになる。

  国営の新華社通信が検察当局の声明を引用して報じた。共産党は約10カ月前に令氏(59)の党籍を剥奪していた。習近平国家主席が反腐敗運動を展開する中で、昨年は職権乱用などの罪で非公開の裁判を受けていた周永康・元党中央政治局常務委員に無期懲役の判決が言い渡された。

原題:China Accuses Ex-Presidential Aide of Bribery, Stealing Secrets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE