米グーグル、屋内の3Dマッピング目指す-「プロジェクト・タンゴ」

  • 仮想現実(VR)に応用し利益を生み出すことを目指す
  • 5月の開発者会議で進展状況を明らかにする予定

米グーグルは地図サービス「グーグル・マップ」を既に世界的に展開しているが、次世代マッピング技術を応用してさらに大きな計画を立てている。

  アルファベットの子会社であるグーグルは「プロジェクト・タンゴ」チームを通じて、数インチ単位での屋内の3次元(3D)マッピング技術開発を目指しており、その過程で仮想現実(VR)に応用し利益を生み出したい考えだ。

  事情に詳しい関係者によれば、グーグルは年内に同技術を大きく発展させ、最終的にはユビキタス化を狙う。グーグルは今月18-20日にシリコンバレーの本社近くで開催する開発者会議で進展状況を明らかにする予定。

  「プロジェクト・タンゴ」ではアンドロイド端末(スマートフォン・タブレット)にソフトウエアのほか、カメラや深度センサーを搭載する。グーグルの研究所で2年余り前に始まったプロジェクトだが、同社は今年、これを主流に加えようとしている。

  グーグルの広報担当、ジーナ・シリャーノ氏はコメントを控えた。

原題:Google Looks Beyond Maps to Chart the Interior World in 3-D(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE