中国株:下落-上海総合指数は週間で4週続落、2年で最長の下げ

更新日時
  • H株指数は4月の高値から10%下落し、調整局面入り
  • 投資家は統計で景気回復が持続しているか確認へ-ストラテジスト

13日の中国株式相場は下落。週間ベースでは上海総合指数が4週続落と、2年間で最長の値下がり局面となった。景気が減速しているにもかかわらず、当局が新たな刺激策を控えるとの懸念が広がり、金属相場や人民元が下げた。

  上海総合指数は前日比0.3%安の2827.11で終了。週間では3%下落した。CSI300指数は前日比0.5%安。14日に4月の工業生産や小売売上高が発表される。

  招銀国際証券の蘇沛豊ストラテジストは、「投資家は週末に発表される中国指標で、3月の景気回復の勢いが4月も持続できているかどうか確認しようとしている」と指摘した。

  週間ではCSI300指数の業種別指数のうち、素材やエネルギーの下げが目立った。13日の取引では、エン州煤業 (600188 CH)や深圳市中金嶺有色金属(000060 CH)などが下げた。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.3%安で終了。4月の高値からは10%下落し、調整局面入りした。ハンセン指数は前日比1%安で引けた。

原題:China Stocks Cap Longest Weekly Losing Streak in Two Years(抜粋)