マレーシア:1-3月GDP、5四半期連続で減速-輸出と投資鈍化

マレーシア経済の成長率は5四半期連続で鈍化した。輸出と民間投資の減速が響いた。世界経済の回復が一様でない中、成長率押し上げに向け、政策当局への圧力が強まっている。

  13日の発表によると、1-3月の国内総生産(GDP)は前年同期比4.2%増だった。ブルームバーグ調査の予想中央値は4%増。昨年10-12月(第4四半期)は4.5%増だった。

原題:Malaysia’s Growth Eases Further as Exports, Investments Falter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE