インド:4月の消費者インフレ、予想以上に加速-雨季に焦点移る

  • 4月のCPIは前年同月比5.39%上昇、予想は5.05%上昇
  • インド中銀の次回政策決定会合は6月7日

インドでは4月にインフレが予想以上に加速した。農産物の収穫と食料コストに影響を及ぼすモンスーン期の降雨量へと市場の焦点は移りつつある。

  インド中央統計機構の12日発表によると、4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.39%上昇と、3月の4.83%を上回った。ブルームバーグがまとめたエコノミスト35人の調査中央値では5.05%が見込まれていた。同日発表された3月の鉱工業生産指数は前月比0.1%上昇。エコノミスト調査では2.5%上昇が予想されていた。

  インドの半分以上の農地に水をもたらす6-9月の降雨量は、今年は平年を上回ると見込まれている。昨年までは2年連続の雨不足だった。ラジャン総裁率いるインド準備銀行(中央銀行)がインフレ目標を達成できるかどうかは食料コスト次第となっている。次回の政策決定会合は6月7日。

原題:India CPI Quickens More Than Estimated as Monsoon in Focus (1)(抜粋)