ロンドン外為:円全面安、対ドル109円台-6月追加緩和の可能性意識

ロンドン時間12日午前の外国為替市場で円は主要31通貨に対して全面安。日本銀行が早ければ来月にも追加緩和に踏み切るとの観測が強まった。

  ロイター通信によれば、伊藤隆敏コロンビア大学教授はインフレが弱まり株価が下落すれば日銀が6月か7月に緩和に動くことがあり得ると発言した。

  ロンドン時間午前10時40分現在、円は対ドルで0.7%安の1ドル=109円15銭。対ユーロは0.6%安の1ユーロ=124円60銭。

原題:Yen Slumps on Speculation of Additional Monetary Easing by BOJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE