中国株:上海総合指数、小幅下落-工業株や生活必需品銘柄安い

更新日時
  • 新規融資やマネーサプライ、工業生産などの発表を控える
  • 香港市場でH株は0.4%安、ハンセン指数は0.7%安

12日の中国株式市場で上海総合指数は小幅下落。経済指標の発表を控えて、工業株や生活必需品銘柄を中心に売られた。公益株の上昇で全体の下げが抑えられた。

  上海総合指数は2835.86で終了。前日からの下落率は0.1%未満にとどまった。業種別では工業が最大の値下がり。一方、四川川投能源(600674 CH)は今年に入って最大の上昇を記録し、公益株の上げを主導。新規融資やマネーサプライが12日にも発表される可能性があるほか、週内に工業生産や小売売上高も発表される。
  
  UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの機関投資家向け販売担当エグゼクティブディレクター、スティーブン・レオン氏(香港在勤)は、「経済は非常に長い期間、現在の低い水準にとどまりそうだが、投資家は追加刺激策を期待していないように思われる」と指摘した。

  工業株の指数は0.6%安と、CSI300指数の業種別指数で最大の下落となった。春秋航空(601021 CH)が3.9%安。上海外高橋集団(600648 CH)は3.4%安。前日に上昇していた生活必需品株とヘルスケア銘柄の指数も共に0.4%下げた。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が0.4%安で終了し、ハンセン指数は0.7%安で引けた。

原題:Most Chinese Stocks Drop as Industrial, Consumer Stocks Retreat(抜粋)