「ゾゾタウン」創業者の前沢氏、バスキアの絵画を62億円で落札

  • 前沢氏はクリスティーズで計8140万ドルの美術品を落札
  • 同氏は千葉県で私設美術館をオープンする計画を明らかにした

ジャンミシェル・バスキアの無題の絵画

Photographer: Kena Betancur/AFP via Getty Images

アパレル専門のネット通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」 を運営するスタートトゥデイの創業者、前沢友作氏(40)は、クリスティーズが10日夜にニューヨークで開いたオークションで、米画家ジャンミシェル・バスキアの角の生えた悪魔の頭を描いた無題の絵画を5730万ドル(約62億円)で落札した。

  前沢氏が2012年に設立した現代芸術振興財団の11日の声明によると、同氏はバスキアの絵画のほか4作品を落札し、合計額は8140万ドルに上った。同氏は出身地である千葉県で過去10年間に収集した作品を展示する私設美術館をオープンする計画を明らかにした。

  前沢氏が落札したバスキアの絵画は1982年の作品で、落札額はバスキア作品としては過去最高となった。出品者はギャラリー運営のコレクター、アダム・リンデマン氏で、04年にサザビーズで同作品を450万ドルで落札していた。

  前沢氏の落札額は10日夜のクリスティーズでの総落札額(3億1840万ドル)の約4分の1を占めた。

原題:Japanese Online Retailer Maezawa Buys $57.3 Million Basquiat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE