コンテンツにスキップする

ヘッジファンド人材、他社から引き抜く必要-シタデルのグリフィン氏

資産家スティーブン・コーエン氏は、ヘッジファンド業界で優秀な人材が不足していることに「非常に驚いてる」と1週間前に嘆いた。投資家のケン・グリフィン氏はこれに対し、有能な人材は存在するが、他社から引き抜く必要があると指摘した。

  米シカゴを拠点とするヘッジファンド運営会社シタデルを経営するグリフィン氏は、ラスベガスで11日に開かれた会議で「新世代の経営者なら誰でも、人材を見つけることがかつてなく困難だと実感した経験があるだろう」と発言。「最も優秀な人材は外に出掛けて発掘するものだ。悪貨が良貨を駆逐するような事態を避ける必要がある。欲しい人材とは、よそから引き抜きたいと思うような人材だ」と語った。

  コーエン氏は先週開かれた会議で「素晴らしい人材」を発見するのは容易ではなく、同氏の資金を運用するポイント72アセット・マネジメントについても、「われわれが関心を持った候補者の2-4%まで絞り込む。有能な人材は本当に不足している」と述べていた。

原題:Citadel’s Ken Griffin Says Hedge Fund Talent Is There to Snag(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE