欧州債:イタリア国債など総じて下落-約75億ユーロ規模の入札実施

12日の欧州債市場ではイタリア国債をはじめユーロ参加国の国債が総じて下落。同国はこの日の入札で74億7000万ユーロ相当の国債を発行した。

  イタリア財務省は期間が2019年から32年までの国債を起債し、アイルランドは2022年償還債を7億5000万ユーロ発行した。イタリア2023年償還債の平均落札利回りは0.87%と、1カ月前に行われた前回入札時の0.82%を上回った。

  コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏(ロンドン在勤)は、「欧州債は総じて軟調な地合いだ」とし、「イタリア国債のパフォーマンスは低いようだ。恐らく供給に関係している」と語った。

  ロンドン時間5時現在、イタリア10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.51%。同国債(表面利率2%、2025年償還)価格は0.295下げ104.43。同年限のスペイン国債利回りは2bp上げた。

原題:Italy’s Government Bonds Drop After $8.5 Billion of Debt Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE