NY外為:ドル続落、原油相場の上昇受け資源国通貨が値上がり

更新日時

11日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。原油相場の上昇を受け、資源輸出国の通貨が値上がりした。

  ドルは主要通貨の大半に対して値下がり。政府統計で予想外に原油在庫の減少が示されたことが手掛かり。一方でニュージーランド(NZ)ドルやカナダ・ドルは米ドルに対して上昇。ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がバレル当たり46ドルを超え、ブルームバーグ商品指数は上昇した。

  ウエストパック銀行のシニア通貨ストラテジスト、リチャード・フラヌロビッチ氏は「資源国通貨はドルに対して非常に良いパフォーマンスを見せている」と指摘。「エネルギー情報局の原油在庫データは非常に前向きだった。米国のエネルギー生産は減少しつつある。よって原油に買いが入り、資源国通貨は堅調を維持している」と分析した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下。終値ベースで4月29日以来の大幅な下げとなった。ドルは対円で0.8%安い1ドル=108円41銭。対ユーロでは0.5%下げて1ユーロ=1.1426ドル。

  米エネルギー情報局によれば、原油在庫は先週に341万バレル減少した。ブルームバーグが実施したアナリスト調査では75万バレルの増加が見込まれていた。原油生産量は日量880万バレルと、2014年9月以来の低水準。

  オーストラリア・ドルは0.4%高の1豪ドル=0.7390米ドル。カナダ・ドルは0.6%上げて1米ドル=1.2836カナダ・ドル。NZドルは1.2%高。このほか南アフリカ・ランドやブラジル・レアルも値上がりした。

  フラヌロビッチ氏は、今後発表される経済指標を受けてドルの続落は止まる可能性があると指摘した。向こう2週間に発表される経済指標は力強い内容となり、ドルを下支えするとみている。

  ブルームバーグのアナリスト調査の中央値では、ドルは年末までに対ユーロで1.11ドル、対円で115円に上昇すると予想されている。

原題:Dollar Weakens as Commodity-Exporter Currencies Rally With Oil(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE