元バークレイズのジョンソン氏、LIBOR操作で有罪答弁していた

英銀バークレイズのトレーダーだったピーター・ジョンソン氏はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作の共謀について、2014年に10月に有罪を認めていた。英検察当局が明らかにした。

  英重大不正捜査局(SFO)はジョンソン氏の元同僚5人を裁く11日の公判で、14年の有罪答弁について明らかにした。LIBOR操作問題では20人以上の個人が米英で訴追されている。

  ジェイ・マーチャント、ジョナサン・マシュー、スティリアノス・コントグラス、アレックス・パボン、ライアン・リーチの5被告は05年6月1日から07年8月31日までの期間に共謀したとされるが、全員が罪状を否定している。

原題:Ex-Barclays Trader Peter Johnson Pleaded Guilty to Libor Fixing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE