米ゴールドマン、日米独の10年物国債利回り予想を下方修正-チャート

  米ゴールドマン・サックス・グループは米金融政策や海外中央銀行の債券購入の見通しを理由に、10年物の米国債とドイツ国債、日本国債の利回りの2016年末予想を下方修正した。4月の米雇用の伸びが予想を下回ったのを受けてゴールドマンは先週、米利上げ時期の見通しを先送りしていた。米10年国債利回りが1.76%の水準にある中、ゴールドマンは10日のリポートで、利回りがさらに低下した場合でも「マクロ経済見通しが著しく悪化しない限り、持続しないだろう」と記した。

原題: Goldman Cuts Yield Forecasts for Treasuries, Bunds, JGBs: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE