香港H株が反落、追加刺激策の観測後退で金融株安い-中国株は上昇

更新日時
  • 投資家は政策支援をあまり期待していない-京華山一のパン氏
  • 上海市場の売買は低水準にとどまる

香港に上場している中国本土株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指数は11日に反落。中国経済が減速しているにもかかわらず、当局が追加刺激策を控えるとの観測が広がり、金融株が売られた。

  H株指数は前日比0.5%安の8443.67で終了。8営業日で7回目の値下がりとなった。中国平安保険(集団、2318 HK) や中国工商銀行(1398 HK)など金融銘柄の下げが目立った。ハンセン指数は0.9%安。

  本土市場では上海総合指数が0.2%高の2837.04で終了。消費関連株やヘルスケア銘柄を中心に買われた。上海市場の売買は2014年に度々見られた水準に減少している。CSI300指数は0.5%高。

  中国では3月の経済指標は改善したが、4月はその勢いが続かなかった。製造業購買担当者指数(PMI)や貿易統計は予想を下回った。一方、共産党機関紙の人民日報に中国の高い債務水準に対する匿名の当局者による警告が掲載されたことで、追加緩和期待が後退した。

  京華山一国際の調査責任者キャスター・パン氏(香港在勤)は、「市場は現在、景気回復を全く予想していないほか、預金準備率の引き下げや利下げなどの政策支援もあまり期待していない」と指摘した。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Resume Losses as Financials Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE