香港H株が7日ぶり反発、中国のPPI好感-上海総合はほぼ変わらず

更新日時

香港に上場している中国本土株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指数は10日、7営業日ぶりに反発。中国の生産者物価指数(PPI)の低下幅が市場予想以上に縮小したことを好感したほか、テクニカル指標でもH株指数は売られ過ぎの状態に近づいていた。前日までの下げは今年に入って最長の下落局面だった。

  H株指数は前日比0.4%高で終了。前日までの6営業日では計6.7%下落し、相対力指数(RSI)は9日、売られ過ぎを示唆する30に接近していた。ハンセン指数は0.4%高で引けた。

  本土市場で上海総合指数は前日からほぼ変わらずで終了。9日は続落し、2営業日で2月以来の大幅安となっていた。CSI300指数は前日比0.1%高。

  中国が10日発表した4月の消費者物価指数(CPI)は3カ月連続で前年同月比2.3%上昇。PPIは3.4%低下した。

  第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港在勤) は、「CPIとPPIは問題なかったものの、最近の経済指標は3月ほど力強くない」と指摘。「相場はすでに大幅に下落しているものの、投資家に押し目買いを促すさらなる材料が必要だ」と述べた。

原題:Chinese Stocks Halt Worst Losing Streak in Hong Kong This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE