中国:4月の乗用車販売、前年比6.4%増-在庫減らしで値引き

更新日時
  • 4月はトヨタやGMを中心に販売が伸びる
  • 1-4月の乗用車販売は736万台-6.7%増

中国の乗用車販売台数は4月に前年同月比で増加した。ディーラーが在庫を減らすために値引き攻勢をかけた。前年比でプラスとなったのは、この9カ月で8回目。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が10日発表した資料によると、4月のスポーツ型多目的車(SUV)などを含めた乗用車販売(小売りベース)は前年同月比6.4%増の172万台。1-4月では前年同期比6.7%増の736万台となった。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの試算によれば、中国でのディーラーの平均的な値引きはメーカーの推奨販売価格を18%下回る水準。中国自動車工業協会(CAAM)のデータで見る限り、在庫は健全とみられる水準を8カ月連続で上回っている。

  4月はトヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)の伸びが目立った。GMは前年同月比7.5%増の27万7979台。トヨタは同9.2%増の10万1100台。

原題:China April Auto Sales Rise 6.4% as Dealers Dangle Discounts (2)(抜粋)

(第3段落以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE