米下院議長:トランプ氏の要請あれば共和党全国大会議長を辞退する

  • ライアン下院議長ら共和党主流派は依然トランプ氏支持へ抵抗
  • トランプ氏は12日にライアン氏ら下院共和党指導部と会談する予定

ポール・ライアン米下院議長は9日、ドナルド・トランプ氏から要請があれば共和党全国大会の議長職を辞退すると述べた。

  ライアン氏ら共和党主流派は依然、米大統領選の同党候補指名をほぼ確実にした不動産王トランプ氏を支持することに抵抗を示している。今回のライアン氏の発言は当面の駆け引きのための策略なのか、それとも長期対立に備える動きなのかも不明で、不透明感が増している。

  トランプ氏は8日、NBCの番組「ミート・ザ・プレス」で、7月にオハイオ州クリーブランドで開かれる共和党全国大会の議長をライアン氏が務めるのを阻止する可能性を排除しないと発言。最終的にライアン氏が自分の支持に回るかどうか見守るつもりだと語った。

  トランプ氏は12日にライアン氏ら下院共和党指導部と会談する予定。共和党全国大会の議長は伝統的に下院共和党トップが務める。

原題:Ryan Would Give Up Convention Chairman Role If Trump Asks (1)(抜粋)