中国:4月の消費者物価、健全な伸び続く-3カ月連続2.3%上昇

更新日時
  • 消費者物価の伸びはエコノミスト予想と一致
  • 生産者物価指数は前年同月比3.4%低下-低下率は市場予想より小幅

中国の消費者物価指数(CPI)は4月も政府が目標とする伸びには届かなかったものの、引き続き健全なペースでの上昇となった。生産者物価指数(PPI)の下げ幅は縮小した。

  国家統計局が10日発表した4月のCPIは3カ月連続で前年同月比2.3%上昇。ブルームバーグ調査のエコノミスト予想と一致した。4月のPPIは同3.4%低下。低下率は市場予想の3.7%より小幅だった。

  食品値上がりなどでインフレの勢いが強まっており、すでに過去最低となっている主要政策金利の追加引き下げ見送りの理由を中国人民銀行(中央銀行)に与える可能性がある。不動産市場の回復が需要を支える中で、約4年にわたるPPIの前年水準割れは和らいでいる。

  スタンダードチャータードの大中華圏経済調査責任者、丁爽氏(香港在勤)は「経済の改善が進んでいる」と指摘した上で、CPIの伸びの主因は豚肉価格の上昇だと説明した。共産党機関紙の人民日報で9日に匿名の党首脳が債務水準上昇にまつわるリスクについて警告していることを考慮すると、「近い将来は適度に慎重な金融政策が見込まれる」と述べた。

  4月の食料CPIは前年同月比7.4%上昇。非食料CPIは1.1%上昇だった。

  PPIは前月比では0.7%上昇と、2013年後半以来の2カ月連続プラスとなった。3月は0.5%上昇していた。

原題:China’s Consumer Inflation Continued Firming Trend in April (2)(抜粋)