NY外為:ドルが5営業日続伸-年内の利上げ観測や中国統計で

更新日時

9日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが5営業日続伸と3月以来の長期連続高となった。労働市場で成長減速の兆しが見られるものの、米金融当局は引き続き年内利上げの方針を維持しているとの観測が背景。

  ドルは資源輸出国の通貨に対して値上がり。特に南アフリカ・ランドに対して大きく上昇した。中国の貿易統計で、輸出入ともに期待外れな内容が続いたことを受けた。ドルは対円でも上昇。6日発表された4月の米雇用者数の増加幅は市場予想を下回ったものの、先物トレーダーらはなお、年内少なくとも1回の利上げを50%近くの確率で織り込んでいる。

  コモンウェルス銀行(CBA)のストラテジスト、ピーター・ドラギセヴィッチ氏(ロンドン在勤)は「若干のドル反発局面を見込んでいる」とし、「米金融政策をめぐる基本シナリオは依然として2回の利上げだ。中国の統計で弱さが見られ、資源国通貨には重しとなっている」と続けた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.6%上昇。前週は週間で1.5%高と、昨年11月6日以来の大幅高となっていた。ドルは対円では1.1%上げて1ドル=108円32銭。一時4月27日以来の高値を付けた。

  ドルの反発局面にもかかわらず、ヘッジファンドのドル下落を見込むポジションは拡大している。商品先物取引委員会(CFTC)の最新のデータによると、ヘッジファンドなど大口投機家が建てている主要8通貨に対するドルのショートポジションからロングを差し引いたネットショートは、2014年4月以来で最大。対円でのドルのネットショートは、データでさかのぼれる1992年以降で最高となった4月のピークに近い。

  ノムラ・セキュリティーズの金利調査責任者、ジョージ・ゴンキャルベス氏は電子メールで、投機家は「ドルに対して極めて弱気」になったと指摘。「景気の勢いが鈍化している兆候を踏まえ、投資家らは今年の利上げペースの下方向への調整を続けている」と

原題:Dollar Extends Best Streak Since March on Fed Speculation, China(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE