欧州マーケットサマリー:株反発、イタリア超長期債発行検討

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1392   1.1404
ドル/円            108.41   107.12
ユーロ/円          123.49   122.17


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  333.22     +1.55     +.5%
英FT100     6,114.81   -10.89     -.2%
独DAX      9,980.49   +110.54   +1.1%
仏CAC40    4,322.81   +21.57     +.5%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .52%        .00
独国債10年物     .13%        -.02
英国債10年物     1.41%       -.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,265.25    -23.75   -1.88%
原油 北海ブレント         43.79     -1.58    -3.48%

◎欧州株:反発も上げ幅縮小-原油安が中銀支援への楽観損ねる

9日の欧州株式相場は上昇。2月以来の大幅安となった先週から反 発したものの、中央銀行が支援策を継続するとの楽観を原油安が損ね、 上げ幅を縮める展開となった。

デンマークの風力発電用タービンメーカー、ヴェスタス・ウイン ド・システムズは3%上昇。米国の税制改正案は受注への追い風となる との見方をバークレイズが示した。

一方、アングロ・アメリカンとアルセロール・ミタルは2桁の下げ に沈み、ストックス欧州600指数の業種別19指数の中で鉱業銘柄は最も 大きな下落率に見舞われた。中国貿易統計が予想を下回り、金属が売ら れたことが背景にある。英タローオイルが5.4%下げるなど、石油・ガ ス銘柄も値下がり。カナダの山火事が生産に悪影響を及ぼすとの懸念が 薄れ、原油が下落に転じたことに反応した。

ストックス600指数は前週末比0.5%高の333.22で終了。一時 の1.4%から上げ幅を削ったものの、19日以来の上昇率を記録した。西 欧市場の主要株価指数の中ではドイツのDAX指数が1.1%上昇で、上 げが目立った。3月の製造業受注が増えたことが手掛かり。

ロンバー・オディエのジュネーブ在勤ストラテジスト、サミー・チ ャー氏は「欧州の経済指標はこれまでまあまあで、ドイツ製造業受注は 改善した。一方で米雇用統計は当局が利上げを急ぐ必要性がないことを 示唆した」と発言。「中国の経済指標で喜ぶのは難しいとしても、少な くとも急減速がなく、ハードランディングの脅威が消えつつあることに 安心し始めることはできる」と付け加えた。

原題:European Stocks Pare Rebound as Oil Hurts Central Bank Optimism(抜粋)

◎欧州債:イタリア国債の長短金利差が拡大――当局が50年債発行を検討

9日の欧州債市場ではイタリアの長期債のパフォーマンスが短期債 を下回った。イタリア債務管理局のカンナータ局長が50年債発行を検討 していると明らかにしたことが背景にある。

5年物と30年物の利回り格差(スプレッド)は昨年11月以来の大き さに拡大。イタリア紙コリエレ・デラ・セラの報道によれば、カンナー タ局長は50年債の潜在的需要を分析中で、「現行水準を鑑みれば、興味 深い選択肢だ」と語った。

イタリアが50年債を起債すれば、先月発行したベルギーとフランス に加わることになる。欧州中央銀行(ECB)の緩和政策や資産購入プ ログラムで国債利回りが低下したことが背景にある。イタリアがこれま でに入札で発行した最も償還期間の長い普通国債は30年債だった。

INGグループ(アムステルダム)のシニア金利ストラテジスト、 マルティン・ファンフリート氏は「利回り曲線(イールド・カーブ)が ややスティープ化しつつある」とし、「フランスとベルギーが長年にわ たり50年債発行を検討していたのは周知のことで、実際に起債した。今 現在、イタリアも検討してるため、これが超長期債に一定の圧力を加え ている」と語った。

ロンドン時間午後4時7分現在、イタリア5年債利回りは前週末比 2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.35%。同国債 (表面利率0.65%、2020年11月償還)価格は0.065上げ101.33。30年債 利回りはほぼ変わらずの2.68%。両国債のスプレッドは232bpと、昨 年11月11日以降で最大となった。

イタリア10年債利回りは1bp低下し1.48%、同年限のドイツ国債 利回りも1bp下げ0.13%。一時は0.12%と、先月18日以来の低水準を 付けた。

原題:Italy’s Long Bonds Underperform as Nation Mulls 50-Year Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE