カナダの山火事、オイルサンド施設から遠ざかる見通し-天候変化で

カナダ西部アルバータ州で発生した大規模な山火事は、同州フォートマクマレーの北部にある主要なオイルサンド施設から遠ざかる見通しだ。この山火事では、同国のエネルギー生産の中心地である同地域で推計日量100万バレル相当の生産縮小につながっている。予報ではこの地域を寒冷前線が通過する見込みで、これが小雨をもたらせば消火活動への援軍となる可能性がある。

Wildfires burn in Alberta on May 7.

Photographer: Darryl Dyck/Bloomberg

  山火事は向こう数日以内に2500平方キロメートル余りに拡大すると懸念されていたが、同州のノトリー首相は8日の記者会見で、予想されていたほどは急速に広がらず、今のところ約1600平方キロにとどまっていると語った。火の手はカナダのエネルギー最大手サンコア・エナジーの施設に接近したが、施設の南西で食い止められ被害は生じていない。現在の天候および予報によれば、火の手は東に向かい施設から遠ざかると、同社は説明した。同州の森林火災担当責任者チャド・モリソン氏によると、フォートマクマレーの南にある中国海洋石油(CNOOC)傘下のネクセンの施設で「小規模な」被害が発生した。  

  今回の山火事による焼失面積はニューヨーク市の2倍に相当する広さに達しており、IHSエナジーの推計によると、この地域の生産量250万バレルの約40%に相当する減産につながっている。

原題:Alberta Fire Set to Move From Oil-Sands Sites in Wind Shift (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE