ポールソン氏の5大銘柄、年初来2470億円の価値喪失か-製薬株軟調で

  • アラガンとシャイアー、バリアント、テバ、マイラン株が軒並み低調
  • 昨年末から保有株数にいずれも変動がないことを前提に推計

資産家でヘッジファンドマネジャーのジョン・ポールソン氏にとって、医薬品株が大きな頭痛の種だ。

  ブルームバーグが当局への直近の届け出を基に集計したデータによると、ポールソン氏が保有する上位5銘柄は全て医薬品株となっており、昨年末から保有株数が変わっていないことを前提とすれば、今年に入り合計で23億ドル(約2470億円)余りの価値が失われた。届け出によれば、これら5銘柄が昨年末時点で167億ドルのポートフォリオ全体の40%強を占めた。

  アラガンとシャイアー、バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナル、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ、マイランの5銘柄は年初来で15-69%下げている。高い医薬品価格に対して政界から厳しい視線が注がれる中で、製薬株は軟調に推移。S&P500種の医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス株指数は昨年7月に1年ぶりの高値を付けて以降14%下落している。

  6日の株式市場では、やはりポールソン氏の保有銘柄の一つであるエンドー・インターナショナルの期待外れの業績見通しが嫌気され、5銘柄が軒並安となった。

  ポールソンの広報を担当するペッパーコムのアーメル・レスリー氏に電話と電子メールでコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Paulson’s Big Drug Stocks Spur $2.3 Billion in Investor Pain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE