中国の外貨準備高、4月は2カ月連続の増加-人民元の地合い改善

  • 外貨準備高は4月に70億8900万ドル増え3兆2200億ドル-人民銀
  • ブルームバーグがまとめた市場予想は3兆2000億ドルだった

中国の外貨準備高が2カ月連続で増加した。人民元に対する市場の地合い改善を織り込んだ。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した外貨準備高は4月に70億8900万ドル(約7590億円)増え3兆2200億ドルとなった。ブルームバーグのエコノミスト調査では3兆2000億ドルと見込まれていた。

  OCBC銀行の謝棟銘エコノミスト(シンガポール在勤)は統計発表前のインタビューで、「ドル需要の低下に加え、人民元に対する信頼感が高まったことから資本流出が緩和された」と述べていた。

  国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)建てでは、4月末時点の外貨準備高は2兆2700億SDR。3月末時点は2兆2800億SDRだった。

  人民銀は6日公表した1-3月(第1四半期)の金融政策実施報告で、人民元の安定を維持したいとあらためて表明した。

原題:China Foreign Reserves Increase in April on Yuan Sentiment (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE