米チャーターのTWC買収を連邦通信委も承認-加州が最終ハードルに

米ケーブルテレビ(CATV)会社チャーター・コミュニケーションズは、同業のタイムワーナ ー・ケーブル(TWC)を551億ドル(約5兆9000億円)で買収する計画について、米連邦通信委員会(FCC)の承認を得た。FCCの5日付の決定を伝える通知が電子メールで6日配布された。

  FCCのウィーラー委員長は、ケーブルチャンネルの娯楽番組パッケージと競合するオンライン動画配信にチャーターが干渉しないことを条件に買収計画を承認するよう提案していた。米司法省の反トラスト法(独占禁止法)規制当局も4月25日の段階で買収を承認しており、カリフォルニア州当局の判断が最後ハードルとなる。

原題:Charter Wins Final U.S. Approval for Time Warner Cable Deal (1)(抜粋)