日ロ首脳が領土問題協議、9月再会談-新発想交渉提案と共同通信

更新日時

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は6日、ロシアのソチで会談し、日ロ平和条約締結交渉で最大の懸案となっている北方領土問題を協議した。

  共同通信によれば、安倍首相は北方領土問題に関して今までとは違う新たな発想で交渉を進めるよう提案し、プーチン大統領も基本的に同意した。安倍首相が首脳会談後に記者団に語ったという。米国から圧力を受けながらも日本が日ロ関係の維持に努力していることについて、日ロ両国が「あらゆる問題」に取り組むことを可能にするだろうとプーチン大統領は先月述べていた。

  ロシアのラブロフ外相は会談後に「両国首脳は最高レベルを含めて、政治対話を極めて集中的に進展させる意思を確認した」と説明した。

  共同通信によると、プーチン大統領は9月に極東のウラジオストクで開く「東方経済フォーラム」に安倍首相を招待し、首相も応じる意向を示した。プーチン氏訪日の具体的日程については、さらなる検討が必要だと首相は語った。

原題:Abe Eases Putin’s Isolation With Talks on Territorial Dispute(抜粋)