NY外為(6日):ドルがしっかり、雇用低調も利上げ見通し変わらず

更新日時
  • 4月の雇用統計は強弱まちまち
  • ヘッジファンドはドルに弱気なポジションを拡大

6日のニューヨーク外国為替市場ではドルがしっかり。米雇用統計は期待外れの内容となったものの、利上げへの道筋が変わることはないとの見方が広がった。ドル指数は週間ベースで昨年11月以来の大幅上昇。

  ドルはこの日、主要通貨の大半に対して下げを埋め、上げに転じた。4月の雇用統計では平均時給の伸びが加速したものの、雇用者の増加幅は市場予想に届かなかった。金利先物市場では利上げの織り込み具合が一気に後退したが、数時間後にその動きは一部巻き戻された。

  USバンクのプライベートクライアントグループで最高投資責任者(CIO)を務めるウィリアム・ノーゼイ氏は、「利上げは年内に2回あるだろう。開始が遅くなるだけかもしれない」と指摘。「これはやや軟調な統計だったが、本当に重要な要素となるのは基調だ。その基調は健全だ」とし、「ドルは上昇すると見込まれる」と付け加えた。

  ヘッジファンドなど大口投機筋のドルの売り越し幅は拡大。ドルの建玉バランスは先月に2014年以降で初めて売り越しに転じていた。 

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇と、4日続伸。ドルは対円では0.1%安の1ドル=107円12銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1404ドル。

  米労働省が6日発表した4月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比16万人増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万人増だった。

  ステート・ストリート・グローバル・マーケッツの北米マクロ戦略責任者、リー・フェリッジ氏は「これはかなり弱い統計だ」と指摘。「ドルはユーロと円に対して圧迫される展開が続く見通しだ。しかし劇的な動きにはならず、じりじりといった動きになるだろう」と述べた。

原題:Dollar Rises as Traders Look Through Jobs Report to Rate Outlook (抜粋)

(第4段落と6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE