中国:銀行の不良債権は公式統計の9倍強、150兆円損失も-CLSA

中国の銀行が抱える不良債権は公式統計の少なくとも9倍あり、損失が1兆ドル(約107兆円)を超える可能性を示唆している。証券会社CLSAの中国・香港戦略責任者、張燿昌氏が指摘した。

  張氏は香港で6日公表したリポートで、不良債権が昨年の与信残高の15ー19%だとの推計を示した。公式発表での不良債権比率は1.67%。潜在的な損失は6兆9000億-9兆1000億元(約114兆ー150兆円)としている。CLSAは上場企業の債務返済能力について開示されているデータを基に試算した。

  CLSAによると、銀行の簿外融資といったシャドーバンキング(影の銀行)における不良債権は4兆6000億元に上り、2兆8000億元の損失が生じる恐れがある。

原題:CLSA Sees China Bad-Loan ‘Epidemic’ With Losses Over $1 Trillion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE