新興市場株:6日続落、今年最長の下落局面-米利上げ見通し強まる

6日の新興市場株は6営業日続落し、昨年12月以来の長期下落局面となった。同日発表される米雇用統計は、利上げが正当化されるほど米経済が十分に力強いことを示す新たな証拠となるとの観測が広がった。

  MSCI新興市場指数はロンドン時間午前6時34分(日本時間午後2時34分)現在、前日比0.6%安。10業種全てが値下がりしている。週間ベースでは4.3%安と、下落率は1月8日終了週以来で最も大きい。

  香港市場では中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が5営業日続落。週間ベースでは5%近い下げとなっている。中国本土の上海総合指数も下落している。

原題:Emerging Stocks in Longest Losing Streak in 2016 on Fed Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE