中国株:上海総合指数、約2カ月ぶり大幅下落-商品安が響く

更新日時
  • 陝西煤業や海南鉱業などエネルギー・金属銘柄が値下がり
  • 香港ではハンセン指数が1.7%安、H株指数は1.8%下げた

6日の中国株式相場は下落。上海総合指数が約2カ月ぶりの大きな下げとなった。商品安が資源株を圧迫したほか、経済指標の改善が鈍りつつあるとの懸念が強まった。

  上海総合指数は前日比2.8%安の2913.25で終了。今週の上げを消した。陝西煤業(601225 CH)や海南鉱業(601969 CH)などエネルギー・金属銘柄が売られた。CSI300指数は前日比2.6%安で取引を終えた。10業種全てが値下がり。

  証券会社KGIアジアのディレクター、ベン・クウォン氏(香港在勤)は「石炭や鉄鋼などの素材株の下げが拡大している」と指摘。「投資家は臆測ではなくファンダメンタルズに目を向け直しており、調整局面が続くと予想している。市場は調整の口実を探しているようだ」と述べた。

  香港市場ではハンセン指数が前日比1.7%安。これで5営業日続落と、昨年12月15日以降で最も長期の下げ。週間ベースでは4.5%安と、2月12日終了週以来の大幅な値下がり。中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.8%安で引けた。

原題:China’s Shares Slump Most in Two Months as Commodity Prices Sink、Hong Kong Stocks Cap Biggest Weekly Drop Since Feb.; FIH Tumbles(抜粋)
CHINA’S CSI 300 INDEX FALLS 2.6% TO 3,130.35 AT CLOSE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE