アベノミクスに失望か、ミリアド日本リフレファンド閉鎖-関係者

更新日時
  • ジャパン・リフレーション・ファンドを設定から1年足らずで清算
  • ピーク時の運用資産は4億2000万ドル

カール・ハッテンロッカー氏率いるミリアド・アセット・マネジメントは、日本市場を重点投資対象とするヘッジファンドを設定から1年足らずで閉鎖した。事情に詳しい関係者が明らかにした。刺激策を通じてデフレを終わらせるという日本の当局者の能力に関する見方を修正したという。

  運用資産40億ドル(約4300億円)強のミリアドは2015年3月、成長促進に向けた日本の取り組みを好機と捉えて「ジャパン・リフレーション・ファンド」を設定。情報が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、香港に本拠を置くミリアドは昨年末ごろに同ファンドを清算し、顧客に資金を返還した。同ファンドの運用資産はピーク時には4億2000万ドルあった。

  ブラックロックなどのグローバルな運用会社は、日本について強気な見方を取らなくなっている。安倍晋三首相の成長政策はぐらつき、経済指標は悪化、日本銀行が講じた刺激策は期待とは別の影響をもたらし、円が急騰して輸出企業を圧迫している。TOPIXは年初から約16%下げ、ブルームバーグが継続調査する世界の主要株価指数で現地通貨ベースのパフォーマンスが4番目に悪い。海外投資家は今年に入って13週連続で日本株を売り越した。

  ミリアドのジャパン・リフレーション・ファンドは、日本のデフレ脱却にバリュエーションが連動すると見込まれた株式や株価指数、金利、通貨などに投資してきた。関係者は運用成績が振るわなかった理由として、日本のリフレというテーマに基づいてレバレッジをかけたことを挙げた。詳細は言及していない。

  ミリアドの広報担当者は日本ファンド閉鎖についてコメントを控えている。

原題:Myriad Said to Shutter Japan Hedge Fund as Abenomics Disappoints(抜粋)