ゴールドマン、香港不動産株の投資判断引き下げ-住宅値下がり見込む

ゴールドマン・サックス・グループは、香港不動産株の投資判断を引き下げた。借り入れコスト上昇に伴い住宅価格が20%下落すると見込んでいる。

  ゴールドマンの不動産アナリスト、ジャスティン・クオック氏は5日、金利が150-200ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇する可能性に加えて、「市場沈静化措置が近く緩和される見通しが限られる」ことが住宅値下がりの主な要因になると調査リポートで分析。投資判断をこれまでの「アトラクティブ」から「ニュートラル」に引き下げた。
 
  景気の不透明感が広がる中で香港の不動産価格は下落。住宅販売も2月に25年ぶりの低水準に落ち込んだ。

原題:Goldman Cuts Hong Kong Property Seeing 20% Drop in Home Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE