コンテンツにスキップする
Subscriber Only

最大のジャンク債ETFに警戒信号点灯、相場上昇でも大量資金流出

3カ月にわたり上昇してきたジャンク債(高リスク・高利回り)市場が勢いを失いつつある中、ジャンク債で運用する上場投資信託(ETF)で最大のファンドが警戒信号を発しつつある。

  ブルームバーグの集計データによれば、ブラックロックの「iシェアーズiBoxx米ドル建てハイイールド社債ETF」は過去4営業日に2780万口、約26億ドル(約2800億円)相当が償還された。金融分析会社S3パートナーズによると、同ファンドの空売り残高は4月半ば以降に80%強増加した。

Record Redemptions

  ジャンク債は世界的な金融緩和策や商品価格の上昇、高リスク資産への資金還流の兆しを背景とした市場センチメントの改善から追い風を受けてきた。ただ、向こう1年は緩慢な経済成長となる公算が大きいだけに、年率で20%超の値上がりに向けたジャンク債の活況に一部投資家の間では疑念が生じている。

  バンク・オブ・アメリカ(BOA)のマイケル・コントプロス氏らストラテジストは5日のリポートで、こうした上昇をよそに、高利回り債のトータルリターンはゼロからプラス1%の間にとどまる可能性があると指摘した。

  ブルームバーグの債券指数によると、高利回り債は2月11日に底打ちして以来12%強上昇し、年初来では7.3%高。

原題:Biggest Junk-Bond ETF Jolted by Massive Outflows Amid Rally (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE