米メディベーション、仏サノフィからの買収案は安過ぎると再度拒否

米医薬品メーカーのメディベーションは、仏製薬会社サノフィから提示された93億ドル(約1兆円)の買収案をあらためて拒否した。サノフィは先にメディベーションに対して交渉に入るよう求め、応じない場合は直接株主に持ちかける可能性もあると伝えていた。

  メディベーションは5日、提示された買収額は当社の価値を著しく過小評価しているとの判断を取締役会がすでに下しているとの文書を発表した。

  サノフィはこれより先、メディベーションの主要株主が買収に「圧倒的な支持」を示唆したとする同社取締役会宛ての書簡を公開。取締役会が交渉に応じれば、買収案の見直しを検討するとしていた。

原題:Medivation Reiterates Rejection of Sanofi’s Unsolicited Offer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE