カナダの山火事、延焼止まらず避難者増える-オイルサンド産業も被害

8万人が既に避難しているカナダのアルバータ州北部での山火事では延焼が続いており、4日夜から5日にかけてさらに900人近くが避難を余儀なくされた。同州フォートマクマレーで発生したこの山火事で多くの住民が住居を失ったほか、カナダ西部のオイルサンド産業にも被害が及んでいる。

  天候パターンが変化したことを受け、アルバータ州政府は4日、フォートマクマレーから南へ35キロ以上離れた2地区などに避難命令を出した。

  モルガン・スタンレーはこの地域の生産量が日量40万バレル減少し55万バレルになっていると推定。サンコア・エナジーや中国海洋石油(CNOOC)のカナダ部門ネクセン、ロイヤル・ダッチ・シェルコノコフィリップスといった企業は生産を縮小し、作業員の宿舎を避難所として住民に開放している。

原題:Wildfire Cuts Canadian Oil Output as More Flee Growing Blaze (2)(抜粋)