欧州株(5日):5日ぶり上昇-BTや石油・ガス銘柄が高い

5日の欧州株式相場は反発。指標のストックス欧州600指数は前日まで4営業日続落し、2月の急落以降で最長の下げ相場となっていた。企業決算や原油価格の上昇が注目された。

  通信株は英BTグループを中心に上げ、業種別指数の中で最大の値上がりを記録。同社利益が市場予想を上回り、買いを集めた。石油・ガス銘柄も高い。米原油生産がここ8カ月で最大の落ち込みを示し、原油高となったことが手掛かりにされた。スペインのレプソルは4.7%上昇。1-3月利益が予想を上回った。原油安の悪影響を精製・化学部門が打ち消した。

  ストックス600指数は前日比0.3%高の332.86で終了。一時は0.7%値上がりした。スイス、デンマーク、スウェーデン、フィンランドなどが祝日で休場だったため、この日の出来高は30日平均を下回った。  

  バークレイズのウェルスマネジメント部門投資戦略責任者、ウィリアム・ホッブス氏(ロンドン在勤)は、景気懸念で下落した最近の相場について「利益を上げるには好機だと顧客に助言している」とし、「世界は成長しており、年間を通じてやや加速する公算が大きい。物価上昇圧力も戻りつつある。現行水準ではこれがまったく織り込まれていない」と語った。

  西欧市場の主要株価指数の中でギリシャのアテネ総合指数の上昇率が首位だった。同国の銀行株はこの日も買われた。

原題:European Stocks Rise for 1st Time in 5 Days; BT, Oil Shares Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE