米アムジェンもメディベーションへの買収提案を検討-関係者

米バイオ医薬品会社アムジェンが米メディベーションへの買収提案を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。がん治療薬を手掛けるメディベーションをめぐっては、既に複数の企業が買収を模索している。

  協議が非公開だとして匿名を条件に語った関係者らによれば、アムジェンは買収案提示の是非をめぐりアドバイザーと話し合いを進めている。ただ最終決定はなされておらず、提案に至らない可能性もあるという。

  仏製薬会社サノフィは先にメディベーションに対し、1株当たり52.50ドル、総額93億ドル(約1兆円)の買収案を提示したが、メディベーションはこれを拒否。サノフィは5日、メディベーションに書簡を送付したことを明らかにした。同社は書簡で、メディベーションが交渉に応じない場合は買収案を株主に直接提示し、取締役会のメンバーを解任させると記している。

  このほか事情に詳しい複数の関係者が先週明らかにしたところによれば、英アストラゼネカやスイスのノバルティス、米ファイザーもメディべーションへの買収案提示を検討している。

  アムジェンの担当者からはコメントを得られていない。

原題:Amgen Said to Join Health-Care Pack Weighing Medivation Offers(抜粋)