中国株(5日):香港上場の中国企業株は4日続落-経済成長懸念で

香港上場の中国本土株は4営業日続落し、4日間の下げ幅としては3カ月で最大となった。成長停滞懸念が広がり、金融株とエネルギー銘柄などが売られた。

  ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.8%安。上海総合指数は0.2%上げた。香港市場では2カ月ぶり安値となった中国人寿保険を中心に保険株が下げた。またゴールドマン・サックス・グループが住宅価格は20%下落するとして香港不動産株の投資判断を引き下げたことも嫌気され、新世界発展を中心に不動産開発会社が売られた。財新伝媒とマークイット・エコノミクスがこの日発表した4月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)は51.8と、3月の52.2から低下した。

  スタンダードチャータードのストラテジスト、オードリー・ゴー氏 (シンガポール在勤)は、「商品相場の反発と経済安定の兆候を材料にした前回の上昇の勢いが失速するのに伴い、市場は値固めの局面に入った」と分析。「また相場が下落しがちな夏季に向かいつつある。投資家が市場に戻る前に、企業業績の改善と経済指標の安定化がどうなるかを見極める必要がある」と指摘した。

  H株指数は8626.73で引けた。上海総合指数は2977.84で終了。香港に重複上場する銘柄の本土での価格プレミアムを示すハンセン中国AHプレミアム指数は4日続伸と、今年最長の上げとなった。

原題:China Stocks in Hong Kong Drop for Fourth Day on Growth Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE