【コラム】低インフレとの闘い、日銀は戦略に野心を-コチャラコタ

日本銀行は、今や先進国の大半が苦しむ病と長きにわたり闘ってきた。その病気とは重度の低インフレ症で、経済の低成長とともに進行する傾向がある。この闘いで成功を収めたいと思うなら、インフレ目標の行き過ぎを狙わねばならないかもしれない。

  日銀は2013年に2%のインフレ目標を設定した。それ以来、一定の進歩はあった。前年同月比の消費者物価指数(CPI)上昇率は当時のマイナス0.3%から、過去3年間の平均でプラス1.3%まで回復した。同期間中の米国のCPI平均上昇率がプラス0.8%でしかないことを考慮すれば、日銀は米連邦公開市場委員会(FOMC)よりも成果を残している。

  だが日銀はいまだに目標を達成できていない。13年に2%の目標を「2年程度で」実現すると打ち上げたが、現時点ですら達成への道のりは遠い。

  なかなか成功できていないのは、戦略に必要な野心が不足しているからかもしれない。インフレ率を引き上げるための1つの鍵は、消費者や企業に、物価は急速に上昇し始めると思い込ませることにある。日銀はこのインフレ期待を2%まで引き上げようと努めている。一方で、2%を超えてインフレ期待が上昇することは望んでいない。シカゴ大学ブースビジネススクールのキンダ・ハシェム、ジン・シンシア・ウー両教授が最近発表したリポートによると、このようなインフレ期待への制限が日銀を自滅させている恐れがある。

  両教授は、多くの人は最近どれだけ急速に物価が上昇したかを材料にインフレを予想すると仮定。日銀はそうでなく、将来のインフレに関する日銀の予測に注意を向けてもらいたいと考えている。この日銀の作業は、現在のインフレが過去とは全く異なることが明らかになった場合、はるかに容易になる。従って、まず長期的なインフレ目標を上回る水準を目指すことがより効果的になり得る。

  例えば、日銀が13年に4%のインフレを目指すと発表していたとしよう。過去3年間のインフレは恐らくさらに高くなり、日銀の言葉に注意しないと痛い目に遭うことを各方面に学ばせることができたはずだ。このようにして信頼性を築いた上で、長期目標である2%にインフレ期待を誘導する方が容易だった可能性がある。

  こういう例えもできる。少し離れたところから鍵をテーブルの上に投げてみるとする。テーブルの上に鍵を着地させるのはそれほど難しくない。だが、鍵がテーブルより高い地点を飛ばないように、という条件が付けばテーブルの上に着地するのは不可能だ。

  私は日銀がいずれインフレ目標を達成すると信じている。だが、まず目標超過を狙った方が達成が早いのではないかと思う。

(ナラヤナ・コチャラコタ氏はブルームバーグ・ビューのコラムニストで、2009-15年に米ミネアポリス連銀総裁を務めた。このコラムの内容は必ずしもブルームバーグ・エル・ピー編集部の意見を反映するものではありません)

原題:A Possible Cure for Japan’s Low Inflation: Narayana Kocherlakota(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE