NY外為(4日):ドル続伸、米雇用統計に注目移る-107円付近

更新日時
  • ドルには一段の下落余地がある-シティのイングランダー氏
  • 4月の雇用者数は20万人増の予想-ブルームバーグ調査

4日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続伸。市場は6月の利上げを決定づける可能性がある雇用統計に備えていると、シティグループのG10通貨戦略担当グローバル責任者、スティーブン・イングランダー氏はリポートで指摘した。4月のADP民間雇用者数は市場予想を下回る伸びにとどまり、利上げ見通しを不透明にした。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は6月会合を前に、経済は利上げに耐え得るとの兆しを確認しようと経済指標を精査している。FOMC当局者らは6月利上げについて「現実的な選択肢」だとの見解を繰り返し表明しており、市場の注目は月間の雇用統計へと移っている。6日発表の同統計は3カ月連続で20万人以上の雇用増が予想されている。

  シティグループのイングランダー氏(ニューヨーク在勤)は電話取材で雇用統計について、「6月会合が予断を許さないものになるかもしれないと金融当局が真剣に考えているのかという点で、審判の日のようなものになる」と指摘。「だからドルは非常に敏感になっている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%上昇。前日にはほぼ1年ぶり低水準をつけた。ドルは対円で前日比0.4%高の1ドル=107円01銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1487ドル。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが4日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、4月の米民間部門の雇用者数は15万6000人増加。エコノミスト調査によると、4月の米雇用統計では雇用者数が約20万人増と予想されている。3月は21万5000人増だった。増加幅が13万人を下回ると、利上げの可能性はなくなる公算が大きいとイングランダーは指摘。

  「悪い数字の場合、ドルは下落するだろう」と同氏は予想し、「ドル高の巻き戻しは完了から程遠い状態だ」と述べた。

  金利先物が織り込む6月利上げの確率は10%、12月利上げの確率は51%となっている。この算出は次回の利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.625%になるとの仮定に基づく。

原題:World’s Largest Currency Trader Says Dollar Vulnerable to Jobs (抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE