NY金(4日):下落、オープン・インタレストが増加

4日のニューヨーク金相場は下落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の先物の未決済建玉 (オープン・インタレスト)は前日に3.1%増の56万5774枚と、2011年1月以来の高水準となった。金連動型上場投資信託(ETF)を通じた保有量は6営業日連続で増えて13年12月以来の高い水準。

  RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア・マーケット・ストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は電話インタビューで、「金はかなり高い関心を集めており、金投資を開始しようとの動きが多く見られる」と指摘。「新たな買いが入っている。全般に、金に関するセンチメントは極めて強気だ」と述べた。

  ブルームバーグのデータによると、ニューヨーク時間午後1時57分現在、金スポット相場は前日比1%安の1オンス=1273.74ドル。日中はもみ合いだった。COMEXの金先物6月限は1.3%下落。

原題:Gold Investors Bet on Resilient Rally as Open Interest Surges(抜粋)