中国株:香港上場の中国企業株は1カ月ぶり安値-石油株安い

香港上場の中国本土株は4日に1カ月ぶりの安値を付けた。商品価格の下落に加え、経済指標改善の持続性に疑念が強まったことが背景。

  ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.6%安と、3営業日続落。一方で上海総合指数は0.1%弱の下げにとどまり、香港に重複上場するH株に対する本土株のプレミアムが拡大した。ニューヨーク原油先物価格が1バレル当たり44ドルを割り込んだことから、中国石油化工(SINOPEC)やペトロチャイナ(中国石油)を中心に香港上場のエネルギー関連株が下落した。金価格の下落を受けて紫金鉱業は3週間で最大の下げを記録した。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の温天納(ロナルド・ワン)最高経営責任者(CEO)は、「中国経済の回復がもたつくと、商品価格の回復は持続可能でない」と指摘。財新伝媒とマークイット・エコノミクスが3日発表した4月の製造業購買担当者指数(PMI)が予想を下回り「香港株には悲観論が強まっている。本土株との差はさらに拡大する可能性がある」と述べた。

  H株指数は8697.37で引けた。上海総合指数は2991.27で終了。CSI300指数は0.1%安。本土株が香港上場株をアウトパフォームしていることからハンセン中国AHプレミアム指数は3日連続で上昇した。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Fall to One-Month Low on Oil Shares(抜粋)