インドネシア:1-3月GDPは伸び鈍化-ジョコ大統領の改革停滞

  • GDP伸び率は4.92%、市場予想中央値に届かず
  • 予想を下回る経済成長で利下げ圧力強まる

インドネシアの1-3月(第1四半期)の経済成長率は市場予想に届かなかった。ジョコ大統領による経済成長てこ入れと改革実行の取り組みが後退した格好だ。

  インドネシア中央統計局が4日発表した1-3月の国内総生産(GDP)は前年同期比4.92%増。2015年10-12月(第4四半期)の5.04%増から伸びが鈍化した。ブルームバーグが集計したエコノミスト15人の予想中央値は5.07%増だった。

  14年10月に就任したジョコ大統領は、経済改革やインフラ投資の拡大を推進し、資源価格下落に見舞われる同国経済の再建を目指しているが、15年の経済成長率は4.79%と、09年以来の低水準だった。

原題:Indonesia’s GDP Growth Slows in Setback to Jokowi Reforms (1)(抜粋)