米自動車販売:4月として過去最高を更新-日本勢が予想上回る

更新日時

世界的に景気が低迷する中で、米国は唯一明るい要素といえるかもしれない。米国の消費者は高額な新車の購入を過去最高水準で続けている。

  調査会社オートデータによれば、4月の米自動車販売は151万台。調査会社エドマンズ・ドット・コムによると、これまで11年間破られていなかった記録を塗り替えた。より高額なスポーツ型多目的車(SUV)やピックアップトラックの販売が増えており、これは消費者が高額商品の購入に十分な自信を持っている明確な兆候だ。4月の米自動車販売は、季節調整後の年率ベースでは1740万台だった。

  LMCオートモーティブのシニアバイスプレジデント、ジェフ・シュスター氏は「軟調さが見られた3月からの大きな回復だ」と指摘。「米経済は世界の景気減速を乗り切る準備が整っている。本当の意味で試されるのは今後数カ月だ」と述べた。  
 
  一部の自動車メーカーは慎重さも見せている。日産自動車はインセンティブ(販売奨励策)に前年よりも12%多く費やした。インセンティブの一部は、売れ残った2015年モデルの処理が目的だった。同社の米国部門の営業担当バイスプレジデント、ジュディ・ウィーラー氏は好調な時期が続くとは確信していないと述べた。

  フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は5.6%増で、市場予想を上回る伸び。日産自動車とトヨタ自動車も予想を上回った。一方、フォード・モーターとゼネラル・モーターズ(GM)は予想に届かなかった。

(更新前の記事でシュスター氏の社名と役職名を訂正済みです)

原題:U.S. Auto Sales’ Record April Doesn’t Do Much to Contain Unease(抜粋)

(第2段落に業界全体の販売台数を加筆、第3段落を追加し、更新します。.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE