アバディーン、再び1兆円超える資金流出で株価急落-新興市場を敬遠

英資産運用会社アバディーン・アセット・マネジメントは、運用ファンドの資金が1-3月も純流出となり、76億ポンド(約1兆1800億円)の出超だったと明らかにした。これを受けて株価は2008年以降で最大の下げに見舞われている。

  アバディーンは新興市場に特化したファンドで知られる。3日の発表によると、昨年10月-今年3月の間の換金総額は167億ポンドに達した。前年同期は113億ポンドだった。この6カ月間の税引き前修正利益は前年同期比40%減の1億6290万ポンド。収入は20%減少した。運用資産は11%減の2928億ポンドとなった。

  新興市場への投資意欲が後退するなかアバディーンでは2年にわたって資金流出が続き、とくに政府系ファンドの運用資産は130億ドル以上減少した。金融市場の混乱で同社株は売り込まれ、3月にはFTSE100指数構成銘柄から除外された。この日は一時10.5%安まで売られ、大幅安となっている。

原題:Aberdeen Slumps Most Since 2008 on $11.2 Billion in Outflows (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE