豪ドル下落、中銀が予想外の利下げ-円上昇、対米ドルで105円台

3日の金融市場では、オーストラリア・ドルが主要通貨全てに対して大幅下落した一方で、同国株、債券相場は上昇した。オーストラリア準備銀行(中央銀行)が予想外の利下げを発表した。円は対米ドルで1年半ぶりの高値となった。中国の製造業活動の指標の弱さを受けてアジア株は約2週間ぶりの安値付近。

  豪中銀は政策金利を0.25ポイント引き下げ1.75%とした。香港時間午後1時33分現在、豪ドルは対米ドルで1.3%安の1豪ドル=0.7567米ドル。円は対米ドルで一時0.5%上昇し1ドル=105円86銭を付けた。円は日銀が追加緩和を見送って以来約5%上昇している。

  MSCIアジア太平洋指数(日本除く)は0.2%安。オーストラリア株は2.1%高と2月以来の大幅高。日本市場は祝日のため休場。

原題:Aussie Slides on Surprise Rate Cut; Yen Advances With Oil, Gold(抜粋)