仏BNPパリバ:1-3月期は予想外の増益-貸倒引当金減少で

フランス最大の銀行、BNPパリバの1-3月(第1四半期)決算は予想外の増益となった。トレーディング収入の落ち込みを貸倒引当金の計上減少が補った。

  3日の発表資料によると、純利益は18億1000万ユーロ(約2220億円)と、前年同期の16億5000万ユーロから増加。ブルームバーグが集計したアナリスト8人の予想平均(12億6000万ユーロ)を上回った。

原題:BNP Paribas Posts Profit Increase on Lower Loan-Loss Provisions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE