NY外為(2日):ドル下落、利上げ観測が後退-対円は106円前半

  • ドルは主要通貨の大半に対して下落、ISM製造業指数は減速
  • ユーロは対ドルで6営業日続伸

2日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ドル指数はほぼ1年ぶりの低水準となった。米国の利上げが近く実施されることはないとの観測が背景。

  ドルは主要通貨の大半に対して下落。市場が織り込む6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合での利上げ確率は12%に低下した。ドルは対ユーロでは6営業日続落と、昨年9月以降で最長の連続安。米供給管理協会(ISM)が発表した4月の製造業総合景況指数は市場予想に届かなかった。

  ドルは対ユーロで4月に月間ベースで下落し、2013年以来最長の3カ月連続安となった。米国の金融政策当局は世界や国内経済が利上げに耐えられるという確信を得ていないとみられることが背景にある。

  スコシアバンクのチーフ為替スペシャリスト、ショーン・オズボーン氏は「今後数週間、米金融当局はまったくの関心の外に置かれるだろう。6月会合さえも、利上げが可能かどうかかなり怪しい」と指摘。「米当局が利上げ先送りに動いたため、過去数週間のドルはとにかく芳しくない。この状況が続くのは確実であり、短期的にそうなるのは間違いない」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.3%低下。昨年5月15日以来の低水準に落ち込んだ。ドルは対ユーロで0.7%安の1ユーロ=1.1534ドルと、昨年8月24日以来の安値水準。ドルは対円で0.1%未満下げて1ドル=106円41銭。

  先週のFOMC会合以降、米国での金利上昇見通しは後退している。FOMCは労働市場の改善を示す一方、経済成長の判断は下方修正した。

  4月のISM製造業総合景況指数は50.8と、前月から1ポイントの低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は51.4だった。

  一方、英マークイット・エコノミクスが発表した4月のユーロ圏製造業購買担当者指数(PMI)改定値は51.7と、速報値の51.5から上方修正された。

  カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)の為替戦略責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロンドン在勤)は「ユーロ圏はこれまでよりも順調に見える」と述べた。

原題:Dollar Reaches 1-Year Low as Fed Rate Increase Speculation Cools (抜粋)