ロンドン外為:円が上昇、対ドル105円台後半-2014年10月来高値

更新日時

ロンドン時間3日の外国為替市場では円が上昇し、対ドルで1年半ぶりの高値となった。アジア株安と米利上げ遅れの観測が円買いを促した。

  円は主要16通貨全てに対して上昇。日本銀行が市場予想に反して緩和拡大を見送ってから4営業日続伸。3ー5日の日本市場は祝日で休場。

  ロンドン時間午前7時44分現在、円は対ドルで0.6%高の1ドル=105円79銭。一時は105円76銭となった。これは2014年10月以来の円高水準。対ユーロは0.4%高の1ユーロ=122円28銭。ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.1558ドル。

原題:Yen Advances to 18-Month High as Dollar Drops on Fed Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE